リワーク守口事業所の就労移行支援施設情報

4.5

リワーク守口事業所に通所した病気・障害のある方の口コミ、評判をご紹介。ジョブレでは、入所動機、支援・訓練内容、就職に関するサポート内容を掲載!就労移行支援施設選びの参考にしてください

総合評価

利用者の方の口コミ

訓練のスタイル

  • 0
    個別
  • 1
    一部個別
  • 1
    全員個別

利用者の交流

  • 0
    ほとんどない
  • 2
    少しある
  • 0
    親しい

雰囲気

  • 0
    1人でもくもく
  • 1
    適度な交流
  • 1
    和気藹々

職員との交流

  • 0
    ほとんど交流がない
  • 0
    距離が近い
  • 2
    近い
  • 0
    とても近い

施設の満足度

ID:554
4.0

カリキュラムが非常に充実をしており、現在勤めている職場に問題なく、就職できた。

ID:692
5.0

障がいと付き合い、どのように仕事をしていくかということのほか、人間として成長していく手助けをしてもらえました。

入所の目的

ID:554
4.0

以前の職場での暴力騒動。

ID:692
5.0

障がいに負けず、自立して1人でも生きていける人間力をつけてほしいから。

施設の雰囲気

ID:554
4.0

学校のような感じ。

ID:692
5.0

利用者と職員という間柄ではあるものの、世間話が定期的にされたりと明るく優しくフレンドリーな雰囲気に満ちていました。

研修、プログラム、講座の内容

ID:554
4.0

グループミーティングやストレッチの体操などいろいろとありました。

ID:692
5.0

簡単な手作業のほか、PC作業やコミュニケーション力向上への講習、グループワークや運動など充実したプログラムでした。

就職のサポート

ID:554
4.0

アドバイザー制度

ID:692
5.0

自身のアピールの仕方、相手に印象が良く伝わる動作、もちろん履歴書添削や面接対策などもしてもらえました。とても助かりました。

補助

ID:554
4.0

補助はありません

ID:692
5.0

いずれもある程度の補助はありました。

オススメポイント

ID:554
4.0

週二日制の制度となっております。

ID:692
5.0

就業に関する徹底的なサポートのほか、強い人間になるための考え方などのサポートもしてもらえました。

マイナスポイント

ID:554
4.0

重度の障害の方もいらっしゃり、たまに奇声をあげます

ID:692
5.0

工賃作業がもっと充実していて欲しかったです。

施設概要

施設名リワーク守口事業所
市区町村名守口市
電話番号06-6992-0001
事業所番号2713201511
住所大阪府守口市金下町二丁目2番12号 サクセス金下2階
申請者法人種別社団・財団
申請者名称一般社団法人 どんぐりの会

精神障害者の方を受け入れている就労移行支援施設も見る

ウェルビー神戸三宮センター

4.0

入所の目的

10年近く自宅治療をしており、長時間、外に出る事が困難になっていた。 満員電車に乗るとパニック発作を起こす為、朝の通勤電車に乗ることができなかった。 10時開始なので、通勤時間から少し外れており、また、時間的に余裕があるので、すいている普通電車で通ってみるなどの方法を提案されて、少しずつ長時間、外に出ていることに体を慣らすところから開始して、現在ようやく週4日、6時間の外出が可能となっている...

CASTビジネスアカデミー

4.0

入所の目的

病院のデイケアのメンバーが行ったので、真似していきました。 いい仕事を紹介してもらえると期待していきました。

アイ・ワークス西明石

4.0

入所の目的

障がいに負けず、何でも一人でできる強い人間になってほしかったから。

精神障害者の施設一覧

大阪府の他の就労支援施設も見る

就労支援事業所わんチャレンジ(就労継続支援事業所again菅原オフィス)

3.0

入所の目的

愛犬のトリミングサロンを探していたところ、そこに併設されている就労移行支援施設を見つけて興味を持ち、問い合わせて入所する事にしました。

LITALICOワークス大阪梅田西

4.0

入所の目的

インターネットの広告で見つけて見学に行きました。 対人スキルの向上を期待しました。

ぷらす守口市駅前

1.0

入所の目的

スキルアップと就労につけたらと思い行ってみました。

大阪府の施設一覧

発達障害の方が働いている施設

ウェルビー神戸三宮センター

4.0

入所の目的

仕事をいろいろ経験しましたが、発達障害の影響で、鬱状態となり、1年間ブランクができました。社会復帰のプログラムが合っていたのと、リハビリもかね、その他、必要ならばサポートを受けながら安定して勤務出来たらと考えて入所しました。

EnTry

4.0

入所の目的

きっかけ:定着できる職に就きたいため。期待:現場見学・現場実習・スキルを身につけることを期待している。

就労移行支援事業フェローICT

2.0

入所の目的

大学卒業以降引きこもり気味で、短期のバイトなどもやっていたが長続きせず、通院している病院や若者サポートステーションに勧められたため。 定期的に通うことで生活のリズムを整え、就職のためにパソコンの勉強を自分に分かりやすく教えてもらえることを期待して入所しました。

発達障害の施設一覧